カラフルライフ・アーティスト☆人生に彩りを☆

人は誰もが、生まれながらにしてアーティスト。本音本心で生きるほど、人生はカラフルになる。そんな生き方をナビゲートしています。

自分を信じるということ。

『それ』をやってもやらなくても、
ちゃんと前に進んでいて、
目的地まで辿り着ける。

〜しなきゃ
〜やらなきゃ
と焦りを感じるのは、
宇宙を全面信頼していない証。

それはつまり、
自分自身を
信頼していないということ。


たとえば、
そこに辿り着くための『近道』があったとして。

だけど、
自分がそれに惹かれなければ、
それが【答え】。


自分自身が、
ただ純粋に『やりたい!』と思う事を
やる。


目的地に辿り着くための道は、
無数にあって、
今自分の目に見えなくても、
本当はいくらでもある。


遠回りしてもいい。

もしかしたら、
あっちにゴツンこっちにゴツンしながら
その『遠回り』自体を体験したいのかもしれない。


『人は、
自分の感覚・感性にのみ従い、
遊ぶようにカラフルな人生を手に入れられるか?』

それを、
自らの人生をかけて
只今、壮大な実験中◎

f:id:tomoe-miyase03:20160319143548j:image

『存在していてごめんなさい』

『自分を許す』という学びのためには、
『到底許せるはずのない最低最悪な自分』が
なければならなくて。
 
だから、
・ こんな自分は受け入れられるわけがない
 ・こんな自分はさらけ出せない
 ・こんな自分だとバレてはいけない
  
そんな自分を作り出す。


何にもできない…
誰の役にも立てない…
何も持ってない…
誰にも何もあげられない…
親孝行もできない…
心配ばかりかける…
仕事もすぐやめる…
何をしても続かない…
誠実なパートナーを裏切る…

ウソつきで、
だらしなくて、
当たり前のことができない、
人として最低最悪で
どうしようもない自分。

『最低最悪で無価値な自分』
『存在していてごめんなさい』

そんな自分を、許したかった。


それでも、
存在していていいんだよ。
そこにいていいし、
自分らしく生きてもいいし、
思いっきり羽ばたいていいんだよ。

泣いてても
笑ってても
苦しんでても
もがいてても
あがいてても
うまくいってても
うまくいってなくても
わたしは、あなたが大好き。

ずっとずっと、
そう言ってあげたかった。


痛くて、苦しくて、
大泣きして、思いっきり目が腫れて、
やっと自分を許せた。

嬉しくて、愛おしくて、
世界が色を取り戻す。

f:id:tomoe-miyase03:20160310093401j:image

あぁ…ドス黒く渦巻く何か…

本当はさ、
すげーーー怖いのよ。

ひょっとしたら、
全部『幻』なんじゃないかって。

今見えているものも、
思い描いているものも、
感じるものも、
信じているものも…
本当は、
全部全部間違っていて、
ただの幻で、
ただの気のせいで、
やっぱりわたしは、
何にもできなくて、
何のチカラもなくて、
何一つ成し遂げられるものなんてないんじゃないか、って。

この世の中はやっぱり、
地位があって、
名誉があって、
人脈も、お金も、時間も…
全部全部持ち合わせた
ほんの一握りの人にしか、
それを手に入れる権利はなくて、
それを持っていないわたしには、
その景色を見ることも、
感じることも、
もしかしたら、
『思い描くこと』すらも、
許されないんじゃないか、って。


…怖い。
怖くてたまらない。

その怖さに、
自分の無力さに、
打ちのめされそうになる。

怖くて、怖くて、
悔しくて、悔しくて、
先が見えなくて、
どうしていいか、
何を信じていいか、
わからなくなる。

全部全部、色を失って、
世界がくすんだ灰色だらけに見える。


自分を生きたいのに、
受け入れたくない。

思いっきり羽ばたきたいのに、
飛ぶのが怖くてたまらない。


…なんなんだ…
このたまらなく渦巻く
ドス黒いモヤモヤは…

f:id:tomoe-miyase03:20160309232351j:image



わたしを突き動かすもの。

ただただ、
自分の感覚と感性を信じて、
突き進みたい。

『あの人がこう言ってたから…』
『この人はこうしてるから…』
そんな【誰かのお話】は、
二の次でいい。


自分の『感覚』と『感性』
ただただ、
ひたすらここに正直に、
まっすぐに生きていたい。

f:id:tomoe-miyase03:20160306145809p:image

【シンクロ二シティ】

「なんとなく」「ピン!」には、
意味がある。

たとえ、
その時は自分でもよくわからなくても、
点と点が線になって、
自分でも思ってもみなかったような
驚くほどの世界へと繋がる。

それは、いつも、
後でわかるものなんだけれど、
そこには、
壮大な意図がある。

とてもアタマでなんか理解しえない。

その時は
ただの『点』にしか見えなくても、
それは、ただの経過。

後々振り返って見たときに、
とんでもなく壮大な計画の中を
『線』を描いて進んでいたことを知る。

…人生は、
とんでもなくドラマチックだ。

f:id:tomoe-miyase03:20160305162105j:image

Facebookの友達申請、フォロー、シェア、してください♡♡♡
めっちゃ喜びます♡
 
下のシェア、ツイートも、
ポチッとね♡

f:id:tomoe-miyase03:20160305162347p:image





出し惜しみしてないで…さっさと、やりなはれ。

あのね、

わかる人にはわかるし、
わからない人にはわからないの。
 
でも、それでいいの。
 
だって、
あなたの魅力をわからない人が、
本当にあなたにとって必要?
 
他人にどう思われようと、
自分がそう思うなら、
それを思いっきり出しちゃえばいい。
 
出し惜しみしてないで、
さっさとやりたいことをやる。
 
「不安で…心配で…」とか、
「自信が…」とか、
そんなん、どうでもいい。
 
ぐだぐだ言ってないで、
あーだこーだ考えてばっかいないで、
『行動』する。
 
あなたは結局、どうしたい?
何をしたい?
誰といたい?
どう生きたい?
 
実際に動いてみたら、
目の前の景色も、感情も、
そして自分の人生も、
ちゃんと進んでいく。
 
わかったら、
さっさと『魅力』出さんかい。
 

f:id:tomoe-miyase03:20160131010107j:plain

 
 

 
 

「〇〇の人生の作り方」。唯一無二の、ブループリントレシピ。

<tomoの人生の作り方>
 
・喜び…1kg
・ドラマチックさ…1.5kg
・感動…1.2kg
・自由さ…1kg
・楽しさ…800g
・適当さ…600g
・怒り…50g
・悲しみ…50g
・怖れ…100g
・学び…200g
・大胆さ…120g
・言葉にならない何か…適量
 
① 喜びと楽しさと自由さと怖れを混ぜて半分に分けておく。
② ①を冷蔵庫で18年寝かせる。
③ 感動を25年かけて常温に戻し、①を半分入れてまぜる。
④ ③にドラマチックさを1/3入れて、6年3か月発酵させる。
⑤ 悲しみと怒りをさっくり混ぜ合わせる。
⑥ ⑤に残りの③を均等になるように混ぜ、適当さを混ぜ合わせる。
⑦ ④を35等分し、学びで包んで、60年かけて丁寧に焼き上げる。
⑧ ⑦に、温めた⑥をまわしかける。
⑨ ⑧に残りのドラマチックさをのせ、その上に大胆さを飾る。
⑩ 最後に、言葉にならない何かをパラパラとふりかけて、できあがり。
 
 
使う材料も、
入れるスパイスも、
調理方法も、
その工程も、
複雑さも、
タイミングも・・・
すべては魂である「じぶん」が決めたこと。
 
それが、生まれる前に決めてきた、
自分のブループリント(=人生の台本)。
 
誰一人、同じレシピはない。
 
だからあなたは、
【唯一無二】の存在なのです♡
 

f:id:tomoe-miyase03:20160305140935j:plain