カラフルライフ・アーティスト☆人生に彩りを☆

人は誰もが、生まれながらにしてアーティスト。本音本心で生きるほど、人生はカラフルになる。そんな生き方をナビゲートしています。

自分の中の大きな大きな爆弾。その【起爆】にビクビク怯えていたわたし。

化粧依存をしていた頃、
本当は、
人と会うのがものすごく怖かった。

そんな自分を必死に隠そうと、
『分厚い化粧』という【仮面】をかぶることで、なんとか必死に自分を保とうとしていた。

ありのまま、素の自分を見せることは、
『人が自分から離れていくこと』だと思い込んでいた。

それが怖くて、
必死に【仮面】をかぶり、
めいっぱいお洒落をして、
どこに行っても、
誰と会っても、
常にポジティブで、
ニコニコ笑って、
ひたすら『キラキラした自分』を演じていた。


そこにあったのは、
自分という人間に感じる
『自己否定』『無価値感』
そして、
抱えきれないほど大きな『恐れ』

こんな自分は愛されるはずがない…
こんな自分は愛されるワケがない…
自分は誰からも愛される価値がない存在なのでは…

人と会うたび、
胸にはその大きな大きな爆弾を抱えて、
いつ起爆するのかと、
ビクビク怯えてばかりいた。


人は、
いくら【外】ばかり取り繕っても、
結局は【中】から滲み出る。

自分の中に溜めすぎた抑圧感情が
抑えきれなくなり、
遂には、
中から染み出てくるようになる。

本音本心(=子宮、丹田、肚)は、
それを知らせようと、
必死にシグナルを送ってくる。

つまり、
その人にとって【一番堪えるカタチ】で。


人目ばかりを気にするわたしにとって、
【一番堪えるカタチ】は、
吹き出物だった。

どれだけ高い化粧品を使っても……
どれだけ食べ物に気をつけても……
レーザー治療や薬に頼っても……
全く良くならない吹き出物達は、
わたしにとって、
まさに【一番堪えるカタチ】だった。


カラダは正直。

溢れ出そうな抑圧感情に
その人自身が自分で気づくまで、
『声』となるようプログラミングされている。

感じよう。
声を聞こう。

それが、『自愛』ということ。

f:id:tomoe-miyase03:20151117112512j:image

メールsession始めました。

お申込はこちら。↓↓↓
tomoe.miyase03@gmail.com
f:id:tomoe-miyase03:20151117113215p:image