カラフルライフ・アーティスト☆人生に彩りを☆

人は誰もが、生まれながらにしてアーティスト。本音本心で生きるほど、人生はカラフルになる。そんな生き方をナビゲートしています。

結局そこには、【愛】しかなかった。

わたしの家族は、昔から仲が良かったから、

まさかそんなこと、思ってもみなかった。
 
わたしはこれまで、
自分でも気づかないうちに、
両親と祖母を心の中で、
ずーっとずーっと責め続けて生きてきていた、
という真実。
 
そしてそれは、
『寂しさ』
『自分という人間に感じる無価値感』
『オトコへの不信感』
つまり、わたしという人間の、
最も【核】に触れる部分でもあった。
 
 
我が家に昔から根付いてた『日常』。
母と祖母の、【嫁姑問題】。
 
 
祖母に対しては、
・母をいじめたこと。
・母と仲良くしてほしかったこと。
 
母に対しては、
・祖母と仲良くしてほしかったこと。
・本当は、祖母のことを好きになりたかったのになれなかったこと。
・本当は母を守りたかったこと。
・だけど何もできなかった自分。
 
父に対しては、
・母が悲しんだり苦しんだりしないように、全力で守り抜いてほしかったこと。
 
幼心に感じた、
言葉にならなくて、
でも確かに激しく動いたあの感情達が、
わたしの【核】に、種火となって残り、
わたしは、今までずーっとずーっと、
それを責め続けてきた。
 
それを知り、
自分に驚き、
でも何よりも悲しくて、
痛くて、
もう許したくて、
謝りたくて、
そして愛おしくて、
大泣きした。
 
ごめんなさい。
ちゃんと愛したかったのに、
愛せなくて、ごめんなさい。

それが、わたしの【核】。

結局そこには、
【愛】しかなかった。

f:id:tomoe-miyase03:20160110134317j:image

只今、各sessionのお申込を受付中です。

♦︎森の中の青空session☆

♦︎3ヶ月メールsession☆


お申込はこちら。↓↓↓
tomoe.miyase03@gmail.com

f:id:tomoe-miyase03:20160110134720p:image