読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラフルライフ・アーティスト☆人生に彩りを☆

人は誰もが、生まれながらにしてアーティスト。本音本心で生きるほど、人生はカラフルになる。そんな生き方をナビゲートしています。

男が女に尽くす。女はそれを喜んで『受け入れる』。でなきゃ、男は『本来のオトコ』に目覚められない。

パートナーシップ 自己開示、体験談
昔、超絶下女をやってた頃の話。

当時付き合ってた男性に、
『わたしの取扱説明書』を手作りして、プレゼントしたコトがある。

『わたしはこうされると嬉しい』
『もっとこう扱ってもらいたい』
『わたしはこんなことをされると喜ぶ』
…そんな、
『自分はこう扱われるのが好き』
『自分はこうされると【快】を感じる』
をぎゅーーーーっと詰め込んで、
プレゼントしたのだ。

結果的に、
それが別れるきっかけになったのだけど、
その時は、
『なんてひとりよがりでバカなことをしちゃったんだろう』と、
自分を責めたりもした。


でもね、
考えてもみて下さい。


自分のトリセツを提示して、
それを受け入れないパートナーなんて、
必要ですか?

女が【快】を追求すること。
それを一緒に喜べない、
心のちっちぇーーー男なんて必要ですか?

そもそも、
女の扱いが下手だから教えてもらっているのに、
それを認めず、
受け入れず、
ましてや全否定してくる男なんて、
所詮そんだけの男ってことですよ。

そういう男は、向き合えない。

ちゃんと女と向き合おうとしない。
ぶつかろうともしない。
大事なところで必ず逃げます。

『誠意』がないです。
『優しく』ないです。


女が男に尽くすのではないのです。
男が女に尽くすのです。

男が、女に『与える』。
女は、それを喜んで『受け入れる』。

それが自然の摂理です。


だから、
女は自分の【快】を追求していい。
それをとことんやっていい。

そうじゃなきゃ男も、
『本来のオトコ』に目覚められないのですから。

f:id:tomoe-miyase03:20160211121434j:image

メールsessionモニター☆
満員御礼☆始動中☆

♦︎メールsession

Facebookの友達申請、フォロー、シェア、とっても嬉しいです♡♡♡