読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラフルライフ・アーティスト☆人生に彩りを☆

人は誰もが、生まれながらにしてアーティスト。本音本心で生きるほど、人生はカラフルになる。そんな生き方をナビゲートしています。

【喜怒哀楽】を遊び、【違い】を楽しむ。

感情出産(感情消化)のススメ カラフルな人生・アーティスト じぶんとの対峙 パートナーシップ
嬉しい時や楽しい時は、
思いっきり笑う。
怒りたい時はしっかり怒る。
泣きたい時にはちゃんと泣く。

そんな、
人間としてとても当たり前なことを、
いつからガマンするようになったんだろね?

誰かに言われたわけでもなく、
何かに強要されたわけでもないのに、
それを人前で表現することを
いつしか『恥ずかしいこと』だと思い込み、
泣きたいのに我慢すること
怒りたいのに抑えること
が染み付いて、
いつの間にか『作り笑い』や『愛想笑い』ばかりが上手になっている。

大人だからって、
親だからって、
【喜怒哀楽】を
湧き出たその時、
そのままに表現することは、
恥ずかしいことでもなくて、
我慢する必要もないはずなのに。

親だって、
子供の前で、
『ママもう全部やだ!やだやだやだやだ!!
もう全部やだーーーー!!!
もう全部やめるーーーーー!!!』
って駄々っ子になって泣きじゃくったっていいし、
大人だって、
誰かにされてイヤなことは、
『それイヤ!!ムカつく!!ふざけんな!!』って怒ったって、
全然いい。

【我慢すること=大人になること】かい?


好きなことは好き、
イヤなことはイヤ。
そこに理由なんてないことだってある。

自分は、どう扱われたい?
どんな風に触れられたくて、
どんな風に接してもらったら『快』を感じるの?
何が好きで、
何が嫌いなの?

それを、
きちんと相手に伝える。

感じたそのままを表現する時、
そこにあるのは、
『絶対的な信頼感』。

…もし、
相手にわかってもらえなかったら?
もう一度伝えればいい。

…それでもわかってもらえなかったら?
さらにもう一度伝えればいい。

…さらにもう一度伝えても、
それでも全然わかってもらえなかったら?
何度も何度も伝えればいい。

…何度も何度も伝えてるのに、
やっぱりそれでも全然わかってもらえなかったら?
…そこで伝えるのやめてしまうの?


わかり合いたいのなら、
何度でも、何度でも何度でも………
伝える。

わかり合えない虚しさも、
孤独感も、絶望感も、味わいながら、
相手との【違い】を楽しむ。

横にいるその相手は、
なんのため?

なんのための家族で、
なんのためのパートナーで、
なんのための友達?

もっと相手を信頼して、
安心して、委ねよう。



f:id:tomoe-miyase03:20160405175757j:image